コトバのサプリ

最近増えているデジタル時差ボケって?

こんにちは!コトバのサプリ編集長の石田です☺

私は普段から色々なYouTube動画を見ますが、最近ではホラーゲームの実況動画を見ることが密かな楽しみです👻🎵

皆さんの中にも、YouTube動画を見ることが大好きで、毎日の習慣になっている!という方もおられるのではないでしょうか?

近年、若い人の間ではスマホをもつことが当たり前になっており、家にいることが多くなったことから、私のように趣味でYouTube動画を見たり、SNSをしたり、音楽を聴いたり、何か調べものをしたりなどインターネットを使うことが多くなっていると思います。

実際に、内閣府が平成31年に行なった青少年(10歳~満17)のインターネット利用状況調査でも青少年のインターネットの平均利用時間は約169分という驚きの結果が出ています😲

しかし、スマホやパソコンなどのデジタルデバイスを使いすぎると、液晶画面から発せられるブルーライトの悪影響によって睡眠のリズムが乱され、体が昼夜逆転する“デジタル時差ボケになってしまうかもしれません💦“デジタル時差ボケは不眠症を引き起こしたり、日中の集中力や勉強・仕事の生産性低下につながることもあるので、日頃から注意することが必要です⚠

では、皆さんも実際に、デジタル時差ボケチェックシートをやってみましょう!

  • 日中眠いと感じることが多い
  • 目の痛みや疲れ、乾きなどのトラブルを生じやすい
  • 合計すると1日8時間以上、デジタルデバイスの画面を見つめている
  • デジタルデバイスを90分以上、連続で使用していることが多い
  • 本やマンガ、雑誌を読む際は電子書籍を利用することが多い
  • 寝る前にベッドでスマホを見ることが多い
  • 朝起きるときに朝日を浴びる習慣がない
  • 首や肩が痛いと感じたり、凝ったりすることが多い
  • 通勤や通学の移動時間など、隙間時間はスマホを見たり、ゲームをしたりする
  • 毎日、適度な運動をする習慣がない

★4つ以上当てはまる人は「デジタル時差ボケ予備軍」の可能性が!

★6つ以上の人は「デジタル時差ボケ」なので要注意!

どうだったでしょうか?デジタル時差ボケだった方だけでなく、デジタル時差ボケ予備軍だった方も以下の対策をしてみましょう!

  • 就寝前2時間はデジタル機器は電源OFF
  • デジタルデバイスの画面を見るときは、明るさの設定を下げたり、ブルーライトカット眼鏡をかけるなどの対策をしましょう
  • 体の血流を良くして、目にもフレッシュな血液を送り込まれるように適度な運動やストレッチを取り入れましょう
  • 抗酸化ビタミンといわれるビタミンA,C,Eが豊富なにんじん、レモン、じゃがいも、ナッツ類や目にいい栄養素といわれるアントシアニンを豊富に含むブルーベリーやなすなどをいつもの食事に取り入れてみましょう

またのお越しをお待ちしております。


【最新の健康情報一覧はこちら】

トップ