コトバのサプリ

私の関西弁事情

こんにちは、コトバのサプリ編集長の石田です。

本日は私が最近びっくりしたことを紹介します!

それは友だちと歩いていた時のことです。急に雨が降り始めてきたので私は友だちに「雨がしびしび降り始めてきたね~」と言うと、友だちに「えっ!?しびしび?何それ??初めて聞いた!」と言われました。私にとって、この言い方が当たり前だったので通じないと知った時はとても衝撃でした😲

ちなみに、みなさんは「しびしび」というコトバを聞いたことがありますか?「しびしび」の意味を知っていますか❓

実は「しびしび」とは霧雨の時の雨の降り方を表す擬態語なのです。一般的には「しとしと」や「ぽつぽつ」と言われるみたいです☔

「しびしび」は関西地方の方言らしく、関西の中でもどこの方言か調べてみると京都や奈良、兵庫県但馬地方などの方言という情報はありましたがはっきりとは分かりませんでした。

その時一緒にいた友だちは関西出身だったのですが、初めて聞いたコトバだったようです。同じ関西出身でも通じないコトバがあるんですね☻

私の母は生まれも育ちも生粋の大阪人、父は生まれも育ちも生粋の京都人なので、家の中ではみんな関西弁を話しますが、実は関西弁といっても京都弁と大阪弁は微妙に違っているんですよ!

例を挙げてみると・・・

1.「●●さんが言う」

京都弁:「●●さんが言わはる」

大阪弁:「●●さんが言いはる」

2.「こんなの書けない」

京都弁:「こんなん書けへん」

大阪弁:「こんなん書かれへん」

3.「ものもらい」

京都弁:「めいぼ」

大阪弁:「めばちこ」

1と2はそんなに変わりませんが、3は全然違う言い方なので「今までに聞いたことがない」とか、「何のことか全く意味が分からない」という方もいらっしゃるかもしれないですね!

日本にはたくさんの方言があります。方言というのは、その人を表す大切なコトバでもあると思うので、大事にしていきたいですね♪

またのお越しをお待ちしております。


最新の健康情報一覧はこちら

トップ