コトバのサプリ

わかさ生活との出逢いと今

こんにちは、コトバのサプリ編集長の石田です。

現在、2021年度新卒採用の募集がスタートしているということで今回は入社2年目、猪原梢太郎くんのわかさ生活との出逢いを紹介します。


私がわかさ生活を知ったのは、夏の高校野球の放送で流れるワイプCMがきっかけでした。

毎年、テレビ放送で目にしていた、特徴的な歌とリズム。一度見たら忘れられないすごい広告だったと、今も感じています。その出逢いから、入社、そして現在までの出来事を書いていきたいと思います。

初めにわかさ生活との出逢いについてです。

わかさ生活との出逢いにつながった一番の要因は、私自身が野球を大学まで続け、愛知の大学へ進学したことです。

大学3年生の秋に腰の怪我が悪化し、プレーする事が難しくなりました。そんな時、女子硬式野球部のコーチをしてくれないかと学校側からお話をいただき、女子硬式野球部のコーチをすることになったのです。当時、就職活動も行なっていた私は、大学のキャリアセンターの方から「女子プロ野球球団が愛知県一宮市にある」ということを教えていただきました。

女子硬式野球部を指導し始めた時期だったので、とても魅力的な仕事だと感じ、すぐに連絡を取りました。すると、その日のうちに面接のお話をいただき、週1回ではありますが学生の時から働けるチャンスをいただけたのです。その女子プロ野球球団というのが、わかさ生活の社長が創設した女子プロ野球リーグに所属している、「愛知ディオーネ」というチームでした。週1回という限られた時間ではありましたが試合運営など、貴重な経験をさせていただきました。

次に入社当時についてです。

一番心に残っているのは、入社してからの研修、先輩方の優しさです。私は正直、サプリメントにあまり関心を持っていない状態で入社しました。管理栄養士の資格を持ち栄養学に精通している同期もいる中で、サプリメントの研修は私にとって大変な道のりでした。

今までスポーツしかしてこなかったので配属先も野球の部署がいいな、と考えていた私がいきなりサプリメントや栄養についての勉強をするのです。絶対に難しい、本当にできるだろうかと毎日考えていました。しかし、いざ研修が進んでいくと、勉強が楽しいと思っている自分がいました。どの成分が体のどの部分をサポートするのかなど、自然と覚えられるような研修をしていただいたことに感謝しています。そんな研修での体験から、私は営業部への配属を希望しました。

最後に現在の業務についてです。

私は現在、MD(Merchandising / MD)という部署にいます。

その中で、機能性表示食品チームのリーダーをさせていただいています。リーダーとして、チームに配属されるのは初めてだったので不安もありました。しかし、私が道筋を立てなければチームは動けません。

まずリーダーとして、全体像を把握し、物事の道筋を立てることを一番に行いました。お客様にとって何が一番の喜びになり、わかさ生活としても何がプラスになるのか。相乗効果を生み出す施策や事業内容でないと、誰も賛同してくれないだろうと考え行動に移しました。

その結果として、現在は進捗状況に遅れも無く、多くの方に賛同いただき、お仕事が出来ています。色々な問題が発生したり、思っても見ない方向に進んでしまったり、大変なこともやはり多いです。しかし、そういった問題点がたくさん出てくる中で、その問題点を解決し、良い方向に物事が進んでいった時の喜びは何にも代えられないと感じています。

自分が決めることによってチームが動き、成功を収めるという体験をこれからも感じたいと思っています。 入社して2年目の私に、このような大きなチャンスをいただけた事に感謝して、これからも一生懸命取り組んでいきます。


苦手なことにも前向きに挑戦し、現在は機能性表示食品チームのリーダーとして活躍している猪原梢太郎くん。これからも頑張ってください!

わかさ生活の【2021年度新卒採用】の募集がスタートしています!詳しくはこちらから

またのお越しを心よりお待ちしております。

トップ