コトバのサプリ

夏バテじゃなくて秋バテが原因!?

こんにちは、コトバのサプリ編集長の石田です。

9月に入り突入し、朝晩は秋の気配を感じるようになりましたが日中はまだまだ暑いですね。

最近、なぜか元気が出ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしかしたらそれは、夏バテだけでなく秋バテが原因かもしれません。

夏バテとは高温多湿の環境に体が対応できなくなって、体がだるいと感じたり、食欲不振になったり、夏に起こる体の不調のことです。

夏バテを引き起こす日常生活の原因は、いくつかあります。

  • 実内と外の温度差による自律神経の乱れ

室内と外の温度差があると、体力が消耗されます。また、冷房が効きすぎた部屋にいることでストレスを感じて自律神経がうまく働かなくなり、夏バテの原因となります。

  • 高温多湿による発汗の異常

高温多湿の環境にいると汗の出口周辺が詰まって汗をかくことが困難になります。また、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になって体の水分不足となり、夏バテを引き起こします。

  • 睡眠不足

睡眠不足になると日中の疲労をしっかりと回復することができず疲れが溜まってしまって、夏バテを引き起こす原因となります。

秋バテは、暑さもやわらいでやっと涼しくなったのに体がだるい、疲れやすいなどの不調が続いている状態のことです。

秋バテの原因は夏の間の冷房や暑いからと言って冷たいもののとりすぎにより、自律神経が乱れているところに朝夕と日中の寒暖差や長雨などの低気圧の影響が加わることです。

夏バテ・秋バテを予防するためには、

  • 良質なたんぱく質・高エネルギー・高ビタミンの疲労回復に効果的な食材(うなぎ・ねぎ・豚肉など)をしっかり食べましょう。
  • 室内外の温度差が5℃以上になると自律神経が乱れやすくなるので、エアコンの温度はこまめに調節しましょう。
  • 夜更かしをせずに、なるべく早めに就寝してその日の疲れはその日のうちに取り除きましょう。

新型コロナウイルスも心配ですが、9月は体調も崩しやすい時期なので自分で健康管理できるようにしましょう。

次回も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

トップ