コトバのサプリ

年に1度、改めて考えよう「防災の日」

こんにちは、コトバのサプリ編集長の石田です。

明日、91日は「防災の日」であることを知っていますか?

「防災の日」であると知っている人でも、なぜ91日が「防災の日」に制定されたのか理由まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

9月1日である理由は2つ。

  • 関東大震災が起きた日が192391
  • 台風が多いといわれる二百十日(立春である24日か5日から数えて210日目の日)91日頃

このような過去の災害から「災害への備えを怠らないように」との戒めも込め、1960年に「防災の日」が制定されました。

また、毎年91日の「防災の日」を中心とする830日~95日までの1週間は「防災週間」、9月自体は防災月間と制定されています。

防災の日・防災週間には地震や津波、台風などの災害についての認識や理解を深め、災害に対処する心構えを準備します。

そのために、毎年全国各地で防災訓練や防災意識を高める防災イベントが行われます。

また、自分たちでもできることとして

  • 自分の家にある防災グッズがちゃんと使えるか、非常食の賞味期限は過ぎていないかなどの確認
  • 避難経路や自分が住んでいる地域の避難場所、災害時の集合場所や連絡方法の確認

などがあります。

防災の日は日本だけでなく、国際的に自然災害の軽減を目的とする「国際防災の日(国際防災デー)」という日が毎年1013日に制定されています。

「国際防災の日」も災害に対する備えを充実させ、災害の予防・被害減少、国際的に協調した行動をとることで自然災害の被害から人命などを守るために制定されたものです。

自分の命だけでなく大切な人を災害から守るために年に1度、防災について考え、日頃の備えを見直してみませんか。

次回も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

トップ