コトバのサプリ

『鹿の王』~異世界への旅行~

こんにちは、コトバのサプリ編集長の石田です。

本日は入社2年目、猪原梢太郎くんのおすすめの本を紹介します。


私が今回、おすすめしたいのは『鹿の王』という本です。

この本の主人公は、奴隷でした。

働かされている場所へ山犬のような獣がやってきて、次々と人を襲います。

獣に噛まれた人々は、その夜から謎の病にかかってしまうのです。

そして、敵味方関係なく次々と亡くなり全滅するという物語です。

主人公はその病にかかっても何故か生き延び、捕まっていた場所から逃げ出して長い、長い冒険に出ます。

物語序盤のこの時点で、もうすでに私は引き込まれていたのですが、ここから更にこの本の中に入り込みました。

本の中に入り込む?と思われるかもしれません。入ります、本当に!

登場人物たちがすぐ目の前にいるような、その世界が本当に存在しているかのように思える繊細な情景描写で、本を読んだ自分自身が世界を想像し、そして創造してしまうのです。

ふとしたタイミングで、はっと現実世界に戻ることが何度もありましたが現実を忘れて、異世界に行った気持ちになれます。

今、みなさんがお仕事や学校での物事で、もう精一杯だなぁ、しんどいなぁと感じるがあるかもしれません。

そんな時は、是非読んでみてください。

この本があなたの想像力を掻き立て、違う世界へ連れて行ってくれますよ。


次回も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

トップ