コトバのサプリ

コンタクトレンズ専用の目薬って?

こんにちは、コトバのサプリ編集長の石田です。

前回、コンタクトレンズの正しい使い方としてコンタクトレンズを装着する時はコンタクトレンズ専用の目薬を使用することが大切であるとお伝えしました。

(前回の内容はこちらからご覧ください!)

ではなぜコンタクトレンズを装着する時は、コンタクトレンズ専用の目薬を使用しなければいけないのでしょうか?

ドラッグストアに行くと、様々な種類の目薬が販売されています。それぞれ、眼精疲労やドライアイなどの様々な症状に対応していますよね。しかし、よく見ると目薬には2種類あり、「コンタクトレンズでも使える」ものと「コンタクトレンズでは使えない」ものがあります。

目薬の中には、防腐剤として「塩酸ベンザルコニウム」という成分が含まれているものがあります。目薬に含まれる濃度であれば、裸眼時に点眼するのは問題ありません。しかしこの成分は、ソフトコンタクトレンズに吸着して角膜上皮にダメージを与えるため、コンタクトレンズ装着時には点眼できないのです。塩酸ベンザルコニウムは涙の層を破壊したり、角膜上皮に傷をつけたりするため、ドライアイの症状が悪化する可能性があります。そのため、この成分が入っている目薬はコンタクトレンズの装着時にしか使えないのです。

意外なところに盲点がありましたね。

皆様も、コンタクトレンズだけでなく目薬も正しく使いましょう!

次回も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

トップ