コトバのサプリ

1年後のなりたい私を見て、やる気に!

こんにちは、コトバのサプリ編集長の中山です。

本日は、広報の井野佑美さんの「やる気を上げる方法」を紹介します。


新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務や外出自粛が続く毎日。

家にいるとどうしても気が緩んでしまうことってありませんか?

そこで今回は、私が行なっている「やる気スイッチを入れる」方法を紹介します。

私は家の壁に、模造紙に描いた「ビジョンマップ」を貼っています。

こうなりたい!こうしたい!という希望ではなく、「●年●月までにこうなっている」という具体的な自分の姿を描いたマップです。

「あ、最近これ意識できていないな」「これはすでに達成できているな」

集中力が切れた時、そのビジョンマップを見て1年後の自分を想像すると、ワクワクして自然とやる気が沸いてきます。

ちなみに私が描いている項目は、

  • どんな生活しているか、周りの人や環境はどうなっているか
  • どこに行って、何をしているか
  • 自分はどんなことができていて、そのスキルをどう評価されているか

これらを見るとテンションが上がるんです!

今貼っているビジョンマップは、今から2年前くらいに3年後の自分を描いたものです。

項目を達成するまでの道のりは、当時から想像できていたこともあれば、意外な展開もありました。

しかし、結果だけでなく、そのビジョンに向けての過程も含めて振り返り、想像することもワクワクして、自分のやる気にまたつながっています。

  • 「必ずこうなっている!」という強い意志で自分のビジョンを描く
  • そして、それを文字絵にして、自然と目に入る環境をつくること

これらがビジョンマップを描くポイントだと思います。

「やる気スイッチを入れる方法」として参考にしていただければ嬉しいです。


明日も皆様のお越しを心よりお待ちしています。

トップ