コトバのサプリ

いつかは母に誇りに思ってもらえる娘に

こんにちは、コトバのサプリ編集長の中山です。

今週のテーマは「母へ贈る感謝のコトバ」。

最終日である本日は、入社2年目の芦田理沙さんの「母へ贈る感謝のコトバ」を紹介します。


今日までの23年間、ずっと変わらず家族を支えてくれた母に向けて、感謝のコトバを伝えたいと思います。

これまでを振り返ってみると、いつもそばには母がいて、私や兄を一生懸命育ててくれました。

母は美味しいごはんを毎日作ってくれたり、習いごとの送り迎えをしてくれたり、私たちの身の回りのこと、どれを思い出しても私や兄を第一に考えて、自分のことは後回しにする人でした。

これまで何も気にせず当たり前に思っていましたが、今考えてみると本当に私たちのために過ごしてくれていたのだと思います。

だけど、賢明な母の想いに対し、私は決して理想の娘ではなかったと思います。

思い返せば反省することばかり…

それでも母はずっと、どんな時でも私の味方でいてくれました。

学校のことや恋愛、仕事でつらいことがあった時もいつも優しく聞いてくれました。

人前で泣きたくない私は、家の玄関で涙をこらえ平然とした顔で家に帰っていましたが、母は気づいていたと思います。

今までは、母に支えてもらってばかりで、私からは何もしてあげられなかったけれど、これからはできる限り親孝行をして、私が母の支えになりたいです。

だから今までずっと家族を第一に考えてくれていたけれど、これからは母なりに楽しく、自由に過ごしてほしいと思っています。

社会人になって1年が経ち、仕事に対する責任感も強くなってきました。

これからは母に誇りに思ってもらえる娘になれるように頑張ります。

お母さん、いつもは恥ずかしくて言えないけど心の中ではいつだって思っています。

「ありがとう。これからもよろしくお願いします」


例年であれば、離れて暮らす母に直接逢いに行ったり、プレゼントを渡したりするであろう「母の日」も、今年は新型コロナウイルスの影響でこれまで通りにはいかないこともあったのではないでしょうか。

しかし、今年は三密を避けるために5月いっぱいを「母の月」にしようという呼びかけがされています。

「母の日」に母に何もできなかったという方も、今年はこの機会にぜひ「コトバ」を贈ってみませんか。

明日も皆様のお越しを心よりお待ちしています。

トップ