コトバのサプリ

実は600万トンも捨てている?

こんにちは!コトバのサプリ編集長の石田です☺

毎日、私たちは購入したり作ったりして何かしらの食べ物を食べていますよね🍽

そのとき、ちゃんと完食していますか?

お腹がいっぱい💦嫌いな食べ物があるから😑などといって、ついつい残してはいませんか?

その食べ残しが大きな問題となっています⚡

環境省と農林水産省が2018年度は、まだ食べることができるのに食べ残しや売れ残りなどの理由によって捨てられている「食品ロス」が年間600万トン、毎日に換算すると大型トラック(10トン)1640台分の食品を廃棄していると発表しました📢

2018年度は去年に比べて12万トン減少し、過去最少を更新はしたものの調査が開始した2012年からあまり変わっていません…。

600万トンもある食品ロスのうち、324万トンが売れ残った弁当や総菜品などの事業系、残りの276万トンが家庭で出た食べ残しでした!つまり、国民1人あたりの食品ロス量は年間だと約47キログラム、毎日お茶碗1杯分のご飯に相当する量が捨てられているということになります😲🍚

日本では、2030年度までに食品ロスの量は2000年度の半分(489トン)にすることを目標にしています🏁

その目標を達成するためには、私たちが少し努力をすることが大切です✨

その方法とは…??

💡買い物に行く前に、冷蔵庫には何があるのかを確認しておきましょう

💡何かを買うときは、まとめてではなく必要な分(自分が食べきれる分)だけ買うようにしましょう

💡商品棚から商品を取り出すときは期限が少しでも長いものを選ぶために奥から取り出しがちですが、すぐに使うものに対しては前から取り出すようにしましょう

💡食品は記載されている保存方法に従って保存しましょう

💡余ってしまった野菜は冷凍や乾燥の下処理をして小分けにして保存しましょう

💡新しい食材から使うのではなく、残っている食材から優先して使うようにしましょう

食べ物は勝手にできるものではなく、一つひとつ丁寧に作ってくださっている方がおられるからこそ、私たちは毎日食事ができます!

“食べ物は粗末にしない”というコトバがあるように、決して食べ物を粗末にせず、食べ物から生きるためのエネルギーをもらっていること、そして作ってくださっている方々に感謝をしましょう👏

またのお越しをお待ちしております。

(参考情報)

政府広報オンライン


【最新の健康情報一覧はこちら】

トップ