文字サイズを変える

新着情報

お知らせ プレスリリース

現代人が抱える将来の目の問題を語る!「第1回 ビルベリー研究会」を開催しました。

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、2018年8月31日(金)、「みやこめっせ」京都市勧業会館(所在:京都市左京区)にて、「第1回 ビルベリー研究会」を開催しました。目の健康素材で知られるビルベリーの最新情報に関心を寄せる医療機関や企業、メディア関係者、お客様など、計108名にご参加いただき、大盛況のうちに幕を閉じました。

メイン集合写真.jpg

わかさ生活は、ブルーベリーで世界一を目指す目の総合健康企業として、少しでも健康の悩みを持つ方々に役立てていただくために、素材や成分の機能研究に力を入れており、主力商品『ブルーベリーアイ』の主原料である北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」の機能性についての研究を続けてまいりました。
そしてこの度、今まで以上に目の健康分野における可能性を探求し続け、社会に向けて正しい情報や良質なビルベリー商品を提供することを目的とし、「ビルベリー研究会」を発足し、2018年8月31日(金)に「第1回ビルベリー研究会」を開催しました。

メイン2.jpg

大人から子どもまで幅広い年代で目のトラブルを抱える人が増えていることが社会問題となっている現在、目に良いことで知られるビルベリーやブルーベリーの魅力について多くの方が関心を寄せています。
「第1回 ビルベリー研究会」では、現代人が抱える将来の目の問題に向け、毎日の生活にビルベリーのある目の健康習慣を知っていただくため、ブルーベリー生産者やビルベリー研究者による最新健康情報を紹介いたしました。北欧楽器カンテレの演奏を聴きながら、ビルベリー果実を使ったお料理を召し上がっていただくなど、ご来場者と一緒に楽しみながら、ビルベリーについて学ぶ会となりました。
なかでも、北市 伸義(きたいち のぶよし)教授による「ビルベリーを少しでも長く少しでも多く摂取することで、老視や眼精疲労から眼を守る」というお話は印象的でした。参加された方は、フィンランドの楽器、カンテレの優雅な演奏を聴きながら、ビルベリーを使ったお料理を堪能され、「毎日飲んでいるビルベリーに感謝です。」という嬉しいお声もいただきました。


わかさ生活は、皆様の健康をサポートする企業として、今後もビルベリーをはじめ健康成分の研究を続けてまいります。

【第1回 ビルベリー研究会詳細】
【当日プログラム】
・わかさ生活 代表取締役あいさつ
・会頭あいさつ (愛知学院大学 大澤 俊彦(おおさわ としひこ) 教授)
・北欧産ビルベリーを使った特別料理の試食
・北欧音楽ミニコンサート(北欧楽器カンテレ演奏)

・講演
『ブルーベリーの楽しみ方』(丹波ブルーベリー研究会 副会長 山本 一 (やまもと はじめ)様)
『世界のブルーベリーとビルベリーの魅力』(つくばブルーベリーゆうファーム 鈴木 太美雄(すずき たみお) 様)
『北欧ビルベリーとの出逢い in 2018』(わかさHappy隊)
『わかさ生活のビルベリー研究ご紹介』(わかさ生活社員 大江 絵美(おおえ えみ))
・特別講演
『目に良いビルベリーの効果』
~眼に対するビルベリーの臨床効果 - プラセボ対照二重盲検試験~
(北海道医療大学病院 院長 北市 伸義(きたいち のぶよし) 教授)
・豪華!北欧グッズ抽選会

【関連サイト】
・わかさ生活コーポレートサイト
https://company.wakasa.jp/

・わかさ生活みらい研究所
http://kenkyu.wakasa.jp/

・ビルベリー研究会
http://kenkyu.wakasa.jp/bilberry-society/

・わかさの秘密
http://www.wakasanohimitsu.jp/

PAGE TOP