文字サイズを変える

新着情報

社会貢献 お知らせ

お客様と共に16年!社会貢献活動の礎となる「一縁のeye基金」が累計2億円を突破いたしました。

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)の社会貢献活動の礎となる「一縁のeye基金」の積み立て累計金額が、2019年5月末時点で累計金額2億円を突破いたしました。

社会貢献活動.JPG
わかさ生活では、創業当時より健康をサポートする企業として、「一人でも多くの人の役に立ちたい」「夢に向かって頑張っている人を応援したい」との想いから、様々な社会貢献活動に取り組み、この活動を『ブルーベリーリボン』と総称しています。

お客様と共に社会に貢献したいとの想いで2003年1月よりスタートした「一縁のeye基金」(http://www.blueberryribbon.jp/ichien/)は、商品を1袋ご注文いただくごとに1円やチャリティーグッズの収益金などを寄付として積み立て、社会貢献活動に活用しております。活動内容は、盲導犬育成支援や視覚障がい者施設支援、障がい者スポーツ支援やアイバンク啓発活動、被災者支援や児童養護施設の子どもたちへの支援と多岐にわたります。

わかさ生活とお客様の"縁"が広がっていくことで、「一縁のeye基金」の輪がさらに広がり、16年の年月とともに優しい気持ちが積み重なり、5月末時点で累計金額200,830,405円となり、2億円を突破いたしました。お客様からも、「商品を購入することで社会に貢献できることが嬉しい」「継続していることが素晴しい」とのお声をいただいております。

今後もお客様のお気持ちに感謝し、社会から信頼され必要とされる企業を目指して、社会に恩返しを行ってまいります。

■社会貢献活動(ブルーベリーリボン)
わかさ生活の社会貢献活動の礎でもある「一縁のeye基金」をはじめ、視覚障がい者支援や被災地域支援、児童養護施設支援など、様々な活動を実施。「継続こそ最大の社会貢献活動」という考えの下、支援を続けています。

〈関連サイト〉
・わかさ生活 ブルーベリーリボンサイト
https://www.blueberryribbon.jp/

PAGE TOP