沿革

1998年

4月
大阪府高槻市にて『ブルーベリーアイ』の通信販売 開始
5月
「わかさニュース」 創刊

1999年

2月
「ふれ愛(eye)広場」 第1回開催(以後、「友の会」として開催)

2000年

7月
北欧視察実施開始(以後、「北欧研修」として毎年実施)
11月
本社を大阪府高槻市から京都市下京区の京都駅前に移転

2001年

4月
高槻駅前郵便局より、郵政事業の発展に貢献したとして感謝状を拝受

2002年

5月
(株)京都放送より、KBS開局50周年記念事業における「ふらっと夢小路基金」への寄付に対して感謝状を拝受
9月
本社内にあった「物流センター(現 流通センター)」を京都市下京区の京都駅前に移転
12月
(株)京都ライトハウスにより、京都ライトハウス改築整備資金寄付に対して感謝状を拝受

2003年

4月
(株)京都放送より、KBS京都かたつむり大作戦協賛に対して感謝状を拝受
7月
品質管理の国際規格ISO9001:2000認証 取得
10月
(財)関西盲導犬協会より、盲導犬育成普及事業への援助に対して感謝状を拝受
10月
(株)京都ライトハウスにより、寄付に対して感謝状を拝受

2004年

4月
京都郵便局長より、郵政事業の発展に貢献したとして感謝状を拝受
10月
「京都研究所(現 みらい研究所)」 を 京都リサーチパーク内に開所
11月
「物流センター(現 流通センター)」を京都市伏見区に移転
2月
(財)関西盲導犬協会より、盲導犬育成普及事業への援助に対して感謝状を拝受

2005年

6月
本社を京都市下京区の四条烏丸に移転
10月
わかさ会員数100万人 突破
12月
京都府大江町(現 福知山市)より、台風23号被災者への寄付に対して感謝状を拝受
12月
新潟中越地震被災地への支援活動に対して新潟県知事から紺綬褒章および知事感謝状を拝受
12月
プライバシーマーク 取得

2006年

1月
わかさ生活キャラクター「ブルブルくん」 誕生
4月
日本郵政公社近畿支店より、郵政事業の発展に貢献したとして支社長賞を受賞
12月
京都オール葵ジュニア野球クラブより、野球技術と誠意ある指導に対して感謝状を拝受

2007年

3月
(株)京都ライトハウスにより、視覚障害児者福祉推進への寄付に対して感謝状を拝受
3月
(社)京都府視覚障害者協会ならびに視覚障害者京都マラソン大会会長より、第24回視覚障害者京都マラソン大会特別協賛参画支援に対して感謝状を拝受
4月
フィンランド ヘルシンキ市に北欧フィンランド支社 設立

2008年

4月
「10周年記念友の会」 開催
4月
社歌「あなたから始まる」 誕生
6月
(社)京都府視覚障害者協会より、協会結成60周年記念特別表彰を受ける
6月
(福)日本盲人社会福祉施設協議会より、京都ライトハウスへの寄付に対して感謝状を拝受
7月
全国盲人福祉協会より、援護功労賞を受賞
7月
京都市より、地元京都への貢献に対して感謝状を拝受
9月
在フィンランド日本大使館より、「日本・フィンランド友好プロジェクト」の取り組みに対して感謝状を拝受

2009年

3月
「わかさスタジアム京都」ネーミングライツ 取得
8月
8月8日を「ブルーベリーの日」に制定
11月
わかさ会員数200万人 突破

2010年

4月
女子プロ野球リーグ 開幕
9月
お客様感謝祭 開催
(北海道・宮城県・東京都・神奈川県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・和歌山県・兵庫県・岡山県・広島県・福岡県)

2012年

4月
様々な専門的な資格を持つスタッフを集めた「プロアドバイザー室」創設
6月
東日本大震災の雇用支援を目的とした「東北支社」を宮城県仙台市に設立
10月
「東京支社」を東京都港区に設立

2013年

9月
お客様感謝祭 開催
(北海道・宮城県・東京都・埼玉県・神奈川県・愛知県・京都府・大阪府・広島県・福岡県)

2014年

10月
会社の取り組みを一緒に盛り上げる「わかさHappy隊」を結成

2015年

4月
総務省にて「目の勉強会」を実施
4月
(財)関西盲導犬協会より、寄付金累計額が3,000万円を超えたことに対して感謝状を拝受
6月
わかさ会員数300万人 突破
7月
『ブルーベリーアイ』累計販売数1億袋 突破
8月
「第1回 わかさブルーベリー祭り」 開催(以後、毎年実施)
8月
「わかさHappy隊」の登録者数1,000名 突破

2016年

5月
お客様感謝祭 開催
(宮城県・福島県・栃木県・群馬県・東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・岐阜県・静岡県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・香川県・岡山県・広島県)
11月
第1回 レスベラトロール研究会」を開催
11月
医療機関サプリメントの取扱施設数1,000施設 突破

2017年

3月
中央共同募金会より、今までの功績や活動が認められ感謝状を拝受
10月
「京都研究所(現 みらい研究所)」が京都市伏見区に移転

2018年

2月
第1回 ロスマリン酸研究会」を開催
8月
第1回 ビルベリー研究会」を開催
11月
お客様感謝祭 開催
(宮城県・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県)

2019年

4月
「Wakasa Books」が東京都港区にオープン
6月
ROSE Life Lab(香り研究会)」を開催
6月
わんにゃんマーケット2019を開催
             

2020年

11月
「わかさ生活書店」「わかさ生活薬店」オープン
             

1998年

4月
『ブルーベリーアイ』 販売開始

2002年

6月
『ルテインα(現『わかさのルテインα』)』 販売開始

2003年

8月
『ブルーベリーアイ チュアブルタイプ(現『わかさのめがキラッ』)』 販売開始

2004年

6月
モンドセレクションに初出品(以後、毎年出品)  『ブルーベリーアイ』銀賞受賞
8月
『カシスα(現『わかさのカシスα』)』 販売開始

2005年

7月
『ヒアルロン酸(現『わかさのヒアルロン酸α』)』 販売開始

2006年

11月
『アスタキサンチンα(現『わかさのアスタキサンチンα』)』 販売開始

2008年

6月
モンドセレクションにおいて『ブルーベリーアイ』最高金賞受賞

2010年

6月
医療機関サプリメント『ルテインPRO』 販売開始
10月
「ナノビルベリー製法」 特許取得(特許 第4606444号)

2011年

1月
医療機関サプリメント『ブルーベリーアイPRO』 販売開始

2013年

6月
モンドセレクションにて『ブルーベリーアイ』が10年連続受賞

2014年

4月
『スーパーブルーベリーアイ』 販売開始

2015年

11月
医療機関サプリメント『ブルーベリーアイPRO』が機能性表示食品として受理される
12月
医療機関サプリメント『ルテインPRO』が機能性表示食品として受理される
11月
『ブルーベリーアイドリンク』 販売開始

2016年

4月
「進化型カプセル」 特許取得(特許 第5886457号)

2018年

6月
『ブルーベリーアイ』が国際的アンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」を取得
10月
『60代からのブルーベリーアイ』 販売開始

2019年

7月
『Beauty Eye』 販売開始
             

2020年

             
4月
モンドセレクションにて『ブルーベリーアイ』が17年連続受賞
12月
『わかさの寶綬』 販売開始
             
12月
『ブルーベリーアイ 健寿玉』 販売開始
              
12月
『ブルーベリーアイ 小紫』 販売開始
            

2004年

10月
「白内障に対するビルベリーエキスの抑制効果」を発表(共同研究:同志社女子大学)

2009年

3月
「眼の炎症に対するルテインの神経保護作用」を発表(共同研究:慶應義塾大学)
7月
「緑内障の病態である網膜神経節細胞死をビルベリーエキスが抑える」を発表
(共同研究:岐阜薬科大学)

2012年

1月
「ビルベリーエキスが網膜の視機能を保護する」を発表(共同研究:慶應義塾大学)

2013年

10月
「網膜の紫外線ダメージをビルベリーとサンタベリーの併用で防ぐ」を発表
(共同研究:岐阜薬科大学)

2014年

4月
「青色LED光による網膜障害に対するビルベリーおよびサンタベリーの保護作用」を発表
(共同研究:岐阜薬科大学)
12月
ヒト臨床試験によって「ビルベリーエキスによるVDT作業時の目の疲れに対する作用」を証明

2015年

7月
「レスベラトロールの摂取による肌改善効果」を発表
8月
「アントシアニンがアルツハイマー症候群のモデルにおいてアミロイドベータの毒性を抑制する」を発表(共同研究:鳥取大学)

2016年

7月
「ルテインの多様な抗酸化作用」の発表(共同研究:慶應義塾大学)

2017年

3月
「ブルーライトが目にダメージを及ぼす新規のメカニズム」を発表(共同研究:岐阜薬科大学)
6月
「網膜光障害に対するビルベリーの神経保護効果」を発表(共同研究:慶應義塾大学)
8月
「黄斑密度測定法」を確立(共同研究:(共同研究:慶應義塾大学))

2018年

3月
「エクサージの運動機能への影響」を発表(共同研究:鹿屋体育大学)
3月
「レスベラトロールの肌に対する効果」を発表(共同研究:岡山理科大学)
3月
「質量分析による可視化に成功。アントシアニンが目のどの部分に存在するか」を発表
(共同研究:近畿大学)
8月
「ビルベリーエキスを摂り続けることで吸収量が増加する」を発表(共同研究:宮崎大学)
9月
「ブルーライトが目の光受容たんぱく質に及ぼす障害に対する、ビルベリーエキスの保護作用」を発表(共同研究:岐阜薬科大学)
みらい研究所
わかさ生活が学会発表した研究論文や研究への取り組みなど、研究情報を紹介します。

2000年

7月
マンガ『光の扉』(美健ガイド社) 誕生

2006年

1月
『ヒカリノトビラ ~想いは希望への扉を開く~』(マガジンハウス) 発売

2008年

4月
『空を旅したブルーベリー』(ビーワークス) 発売

2009年

3月
『角谷建耀知の病は気から』(かまくら春秋社) 発売
7月
『ブルーベリーアイのわかさ生活です。~成長し続ける会社で働く考え方~』(出版文化社) 発売
7月
『角谷建耀知~人生は蒔いた種のとおりに実を結ぶ~』(出版文化社) 発売

2010年

4月
『日本女子プロ野球リーグの挑戦~ガラスのスパイクを届けに~』(出版文化社) 発売
12月
『人類に新しい力を ナノビルベリー』(出版文化社) 発売

2016年

7月
女子野球マンガ『花鈴のマウンド』 WEB連載開始

2017年

7月
『甲子園進化論』(幻冬舎) 発売
8月
『花鈴のマウンド』(大垣書店)1,2巻 発売

2018年

3月
『花鈴のマウンド』(大垣書店)3巻 発売
7月
『花鈴のマウンド』(大垣書店)4巻 発売
7月
絵本『レーザービーム』(幻冬舎) 発売
8月
『花鈴のマウンド』(大垣書店)5巻 発売
10月
『4196人の日本一やさしいおせっかいおばちゃんたち』(幻冬舎) 発売
12月
『花鈴のマウンド』(大垣書店)6巻 発売

2019年

7月
『花鈴のマウンド』(大垣書店)7巻 発売
7月
『女子野球のひみつ』(学研プラス) 制作

2020年

1月
新装版『花鈴のマウンド』(大垣書店)1,2,3巻 発売
2月
『女子プロ野球クライシス~創設者、10年目の告白~』(現代書林) 発売
             
6月
新装版『花鈴のマウンド』(大垣書店)4巻 発売
            
7月
『若々 2020年7月号』(ミライカナイ) 発売
             
7月
『女子高生と魔法のノート』(ディスカヴァー・トゥエンティワン) 発売
             
            
8月
新装版『花鈴のマウンド』(大垣書店)5巻 発売
 
            
9月
『若々 2020年9月号』(ミライカナイ) 発売
             
            
9月
『眼科専門医と考えた「測るだけ眼トレ」ブック』(アスコム) 発売
             
            
10月
新装版『花鈴のマウンド』(大垣書店)6巻 発売
             
11月
『若々 2020年11月号』(ミライカナイ)
            
12月
新装版『花鈴のマウンド』(大垣書店)7巻 発売
            
12月
ブルブルくんのからだ大百科(ディスカヴァー・トゥエンティワン) 発売

2021年

3月
『若々 2021年3月号』(ミライカナイ) 発売
3月
『長生きでも脳が老けない人の習慣』』(アスコム) 発売
4月
『若々 2021年5月号』(ミライカナイ) 発売

2000年

3月
台湾大震災(921大震災)被災地へ義援金100万円を寄付
8月
有珠山噴火被災地へ義援金100万円を寄付
8月
三宅島群発地震の被災地へ義援金100万円を寄付

2003年

1月
一縁のeye基金」開始
1月
盲導犬育成支援 開始
4月
KBS京都主催「第29回かたつむり大作戦 びわこ一周たすきリレー」協賛

2004年

3月
視覚障がい者京都マラソン大会」協賛開始(2004.3~2015.2)
3月
盲導犬を題材にした映画「クイール」に協賛
10月
新潟中越地震被災地への支援活動
(義援金300万円を寄付・カイロ72万袋を寄付・支援物資の手配と配送)
10月
台風23号被災地(京都府・兵庫県)への支援活動
(義援金約1,000万円を寄付・カイロと『ブルーベリードリンク』の配布・被災地の少年野球チームを招き「少年野球教室」を京都市にて開催)

2005年

2月
「一縁のeye基金」1,000万円突破
9月
日本とフィンランドを結ぶ「日本・フィンランド友好プロジェクト」を発足(以後、毎年活動実施)
11月
児童養護施設支援 開始

2006年

12月
『日本語版 フィンランド小百科事典 やさしいフィンランド』を寄贈
11月
わかさ生活主催 チャリティーコンサート「心に残る唄」 開催

2007年

2月
ひとみ元気教室(現 メノコト元気教室) 開始
4月
葵プロジェクト(葵苗植祭)への支援開始(以後、毎年実施)
11月
『フィンランド語版 日本小百科事典 JAPANI』を寄贈

2009年

2月
「一縁のeye基金」5,000万円 突破
8月
様々な社会貢献活動を総称し、「ブルーベリーリボン」を制定
9月
アイバンクミュージカル」協賛(以後、毎年実施)

2011年

3月
東日本大震災被災地への支援活動
(義援金3億円の寄付・『マルチビタミン』『毎日ぐぅ~んとカルシウム』を合計約10万袋寄贈・支援物資の手配と配送・雇用支援として「東北支社」開所を決定)
9月
台風12号・紀伊半島豪雨被災地へ義援金総額1億円を寄付
11月
ひとみ元気教室(現 メノコト元気教室) 参加児童10,000人達成

2012年

9月
「一縁のeye基金」1億円突破

2013年

9月
台風18号(京都府北部)被災地への支援活動
(福知山市にて清掃活動を実施・義援金総額5,000万円を寄付)

2014年

8月
京都府福知山市・兵庫県丹波市豪雨被災地への支援活動
(清掃活動と救援物資の提供・福知山市立療育施設「くりのみ園」へ療育器具寄贈・福知山市立児童館「堀児童館」へ書籍を寄贈)

2015年

10月
「一縁のeye基金」1億5,000万円 突破
11月
第1回 視覚障がい者東北マラソン大会」 協賛

2016年

1月
ひとみ元気教室(現 メノコト元気教室) 参加児童30,000人達成
5月
熊本地震被災地への支援活動
(熊本市保育連盟へ約40万円の寄付・女子プロ野球選手がJAやつしろにて出荷応援)
6月
第2回 視覚障がい者東北マラソン大会」 協賛
8月
一般財団法人 角谷建耀知財団」 設立
12月
ひとみ元気教室(現 メノコト元気教室) 累計開催回数500回突破

2017年

11月
第1回 京都ふれeye(あい)ブラインドマラソン」 協賛(以後、毎年実施)

2018年

8月
西日本豪雨災害 被災者支援活動を実施
(岡山県と広島県のお客様に『わかさのマルチビタミン』を10,000袋寄贈・京都府宮津市の被害地域にて清掃活動を実施)

2019年

1月
『フィンランド語版 日本小百科事典 JAPANI 改訂版』を寄贈
5月
「一縁のeye基金」2億円突破
10月
台風19号被災地への支援活動
(宮城県、福島県、長野県、新潟県、栃木県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県のお客様に『わかさのマルチビタミン』『わかさのミネラル』『わかさの乳酸菌1000億』『わかさの亜鉛』『グルコサミン&ロコモPRO』『わかさの黒酢三撰』を寄贈・宮城県伊具郡丸森町にヒートテック600枚の寄贈と支援物資の配送・女子プロ野球選手が浦和シニアグランドの清掃活動を実施)
トップ