わかさ生活 創業20周年

2018年4月23日、わかさ生活は創業20周年を迎えました。
20周年記念ロゴマークは、これまでの、10年、20年と
これからの、まっすぐ更に上を目指して伸びる“みらいへの道”を表現しました。
20年の感謝を込めて。

社長ごあいさつ

わかさ生活はおかげさまで、2018年4月23日に創業20周年を迎えることができました。
これまでご縁いただいた多くのお客様、ご協力いただいた取引先様、ともに歩んできた従業員
すべての皆様に深く感謝申し上げます。

私は18歳の時、脳腫瘍のため17時間にも及ぶ大手術を受けました。
そして、命と引き換えに右の視野半分を失ってしまいました。
その後、様々な困難の壁にぶつかり、“健康であること”がどれほど大切かを身にしみて感じました。
「自分のように目で困っている人を助けたい」
その想いのもと、1998年4月、大阪府高槻市で私とパート6名でわかさ生活は創業しました。

それから20年。
今では310万家族のお客様に愛される企業となりました。
これからも商品の品質にこだわり、 創業時と変わらぬ想いを胸に、
1000万人のお客様に愛される企業を目指して歩んで参ります。
今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

株式会社わかさ生活
代表取締役 社長
角谷 建耀知

20年のあゆみ

わかさ生活は1998年4月、社長角谷とパート6名の7名でスタートしました。そんな小さな会社が、おかげさまで今では310万家族のお客様に愛される企業となり、今年で創業20周年を迎えました。これまでの20年を振り返ります。

詳しい沿革はこちら

『ブルーベリーアイ』20年の進化

1998年 熱い想いで誕生した、
初代『ブルーベリーアイ』

創業より販売をし、現在に至るまでに総販売数1億2,000万袋を達成した『ブルーベリーアイ』は全国の多くのお客様にご愛飲いただいており、わかさ生活の主力商品です。
社長角谷が「自分と同じように目で困っている人のために何かいい素材はないか」と探し、出逢ったブルーベリー。角谷自身がブルーベリーの力を実感し、ブルーベリーやそのほかの目に良いという成分を贅沢に全部配合したサプリメントを作りたいとの想いで、試作を何度も重ねた末に『ブルーベリーアイ』は完成しました。

2018年4月 ルテインを6mgに増量し、
ロスマリン酸を新配合した18代目の『ブルーベリーアイ』

1998年に誕生して以来、進化を続け、20年間で17回の進化を遂げました。業界初の1袋31粒入り(1ヵ月分)の実現やビルベリーエキスを通常の100万分の1のサイズまで小さくしたナノ(超微細)化で特許を取得など、常に進化を続けています。
今年の4月には、17回目の進化を遂げ、ルテインを6mgに増量、ロスマリン酸を新配合しました。
これからも進化を続けて、より良い商品をお届けします。

お客様とともに歩んだ20年

通信販売は、日頃お客様と直接お逢いすることができません。
しかし、創業当時より「直接逢って感謝の気持ちを伝えたい」という想いから、「友の会」や「お客様感謝祭」などを全国で開催し、直接お客様にお逢いする機会を大切にしています。

2008年 10周年記念友の会

わかさ生活創業10周年を記念し、「10周年記念友の会」を京都の世界文化遺産上賀茂神社で開催。
全国から160名のお客様を招待し、すべてのお客様とわかさ生活の発展を願いました。

2007年11月6日 東京都新宿区にて開催

2010年 全国220万家族お客様感謝祭

全国17箇所で約10,000名のお客様をお迎えする初めての感謝祭を開催いたしました。社長の角谷から直接、ブルーベリーアイ誕生までの物語や健康の大切さをお伝えし、笑いあり、時には涙ありの素晴らしい会になりました。商品開発者からは、長年の研究の末に誕生した「ナノ(超微細化)ビルベリー」についてを実験を用いて説明させていただき、その目で魅力を確かめてもらうことができました。会の終了時には、角谷との握手を求めるお客様で長蛇の列ができていました。

2013年12月16日 京都市にて開催

2013年 280万家族お客様感謝祭

モンドセレクション10年連続受賞を記念して開催された「280万家族お客様感謝祭」では全国13箇所で約4,800名のお客様と出逢うことができました。北欧フィンランドに支社を持っているからこその、わかさ生活の原材料へのこだわり、商品品質についてをパネルディスカッション形式でわかりやすく楽しく紹介いたしました。会場にはモンドセレクションの受賞メダルをたくさん飾っていたので、記念撮影をされる方も多く見られました。

2016年7月15日 東京都千代田区にて開催

2016年 310万家族お客様感謝祭

わかさHappy隊の登録者数が3,000名を突破したことを記念して、2016年に開催した「310万家族お客様感謝祭」は全国21箇所で約6,000名のお客様をお迎えしました。全国におられるわかさHappy隊と一緒になって初めて開催した感謝祭で、わかさ生活とお客様との距離がぐっと近づき、お互いに協力し合える関係へと進むことになります。さらに会の中では、ご活躍いただいているわかさHappy隊の表彰も行い、これまでの感謝をお伝えできる時間となりました。

わかさHappy隊の結成

2017年 わかさHappy隊とフィンランドにて

2014年には「わかさHappy隊」を結成。「わかさHappy隊」とは、わかさ生活の地域の活動や取り組みにご協力いただいているわかさ生活のお客様です。従業員と一緒にわかさ生活の企画する活動やイベントを盛り上げていただいています。友の会のお手伝いからスタートし、全国各地で取り扱っている医療機関様へのフォローや、書店販売のサポートなど活躍の場が増えています。

2017年 フィンランドにて友の会を実施

昨年には北欧フィンランドでの研修を実施。ブルーベリーアイの原材料「ビルベリー」のふるさとにおもむき、北欧の大自然に触れていただきました。北欧の森で自生する野生のビルベリーを摘む体験や北欧で友の会を実施。現地の方との交流を楽しみました。
さらに帰国後には、友の会でお伝えいただいたり、商品開発にもご協力いただきました。

全国のお客様から寄せられたお声

わかさ生活には、お客様からお喜びやご意見・ご要望などの手紙や葉書が毎月3000通、多いときには1日200通以上が届きます。創業当初より、その全てに対して一通一通必ず手書きで返信しています。

20周年を迎えたわかさ生活に
全国のお客様から寄せられたメッセージをご紹介いたします。

宮城県 80代 女性

福島県 60代 女性

※一部抜粋

広島県 50代 女性

※一部抜粋

大阪府 40代 女性