文字サイズを変える

新着情報

商品・研究

ビルベリーの「身体での働き」をより詳しく見るための新しい手法を確立!

株式会社わかさ生活は、この度、近畿大学の財満 信宏(ざいま のぶひろ)准教授との共同研究『質量分析イメージングによるアントシアニン分子種のマウス体内動態解析』を、2017年5月21日(日)第71回日本栄養·食糧学会大会(沖縄県宜野湾市)にて発表いたしました。
d3821-314-663964-0.jpg

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、ブルーベリーサプリメントの主成分である北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」の機能性についての研究を続けてまいりました。弊社では、健康の悩みを持つ方々に役立てていただくために、素材が持つ機能や成分の情報を明らかにしてまいりました。

この度、わかさ生活と近畿大学の財満 信宏准教授との共同研究『質量分析イメージングによるアントシアニン分子種のマウス体内動態解析』を、2017年5月21日(日)第71回日本栄養·食糧学会大会(沖縄県宜野湾市)にて発表いたしました。


【研究背景・内容】
これまでビルベリーの生理活性(機能性)についての研究は多くなされてきました。しかし、その体内動態(食べ物や薬などを摂取して排泄されるまでの、①吸収②代謝③分布④排泄の4つの過程のこと)はまだ不明な点も多く、今後ビルベリーの生理活性を理解する上で、その体内動態を明らかにする必要があります。
本研究では、アントシアニンの体内動態の可視化に質量分析イメージング法(MALDI-MSI:Matrix Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry Imaging)を用いて、アントシアニンを可視化することによって、生体サンプルのどこに目的の物質が限られた場所で存在するのか確認を行いました。

【研究結果・結論】
ビルベリーエキスに含まれるアントシアニンが、エキスの摂取後に眼球の網膜外層に付随する筋組織に存在する可能性が示されました。この技法を用いることにより、今後は組織におけるより詳細なアントシアニンの分布とそのメカニズムの解明が進むことが期待されます。


今回行った研究が50年、100年後まで人々の健康に役立ってくれることを願っております。
そしてこれからも、わかさ生活は安全で高品質な商品開発や成分分析を行い、皆様の健康を応援してまいります。


【関連サイト】
◆わかさ生活研究所 (URL:http://kenkyu.wakasa.jp/
 当社の過去の研究成果をまとめて掲載しております。

◆わかさの秘密 ビルベリー(URL:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/bilberry/
 ビルベリーの成分情報を見ることができます。

◆わかさの生活 コーポレートサイト(URL:http://company.wakasa.jp/
ビルベリーの成分情報を見ることができます。

PAGE TOP