文字サイズを変える

新着情報

お知らせ プレスリリース

今までにない新たな空間を演出! 創業20周年に向けて「わかさ生活 総合受付」がリニューアルオープンしました!!

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、2017年11月27日(月)に歴史館、展示空間、北欧体験ゾーンを併設した総合受付をリニューアルオープンしました。

受付.jpg

わかさ生活(本社:京都市下京区)は、社名の由来でもある「若々しく健康的な生活を応援したい」との想いで1998年4月に大阪府高槻市に創業し、今では310万家族の方に愛される企業となり、来年4月には創業20周年を迎えます。そこで、より多くの方にわかさ生活を身近に感じ、知っていただくために、2017年11月27日(月)に総合受付がリニューアルオープンいたしました。新しくなった総合受付は、わかさ生活創業当時の様子を再現した「歴史館」や北欧の自然を映像で体験できる「北欧体験ゾーン」など新たに空間を設け、訪れたお客様やお取引様に楽しんでいただきながら、わかさ生活の歴史や最新情報を提供できる空間となっています。
どなたにも気軽にお越しいただき、わかさ生活が歩んできた歴史に触れることで、よりわかさ生活の想いや企業姿勢を知っていただければ幸いです。

【わかさ生活の歴史】
社長の角谷は、18歳の時に脳腫瘍の大手術を受け、その後遺症で視野が半分しかありません。「自分と同じように目で困っている人を助けたい」との想いで北欧産野生種ビルベリーを使った瞳のサプリメント『ブルーベリーアイ』を誕生させました。パート6名と社長で、全国のお客様にスピーディに確実に商品を届けることの出来る通信販売で『ブルーベリーアイ』のお届けをスタートさせ、初の商品発送日である4月23日を創立記念日としました。その後、わかさ生活の社名や商品を全国に広めるために、「ベリーベアくん」や「ブルブルくん」「アイアイちゃん」などのキャラクターを誕生させたり、お客様とのコミュニケーションの場となる「友の会」なども開催するなど試行錯誤しながら、今日までサプリメント業界品質№1を目指し、皆様の健康のサポートをしてまいりました。

【歴史館】
わかさ生活の歴史をなんとか残せないかと思い、この度、京都本社5階の総合受付に「歴史館」を併設しました。歴史館では、わかさ生活創業当時の様子を再現しています。テナントビルの小さな一画を借りて『ブルーベリーアイ』の通信販売をスタートさせた当時を知る方も知らない方も、長い歴史の中でわかさ生活が大切にしてきた商品への想いとお客様への想いを実感していただけると思います。改めてご自身や大切なご家族の健康について考えるきっかけとなっていただけたら幸いです。

歴史館1127.jpg

【展示空間】
わかさ生活は、創業当時よりサプリメント業界品質№1を目指し、「自分が毎日食べられないようなものは人様にお売りすることはできない」という信念で、商品づくりを行っています。展示空間ではその基盤となる原材料の研究の様子や最高品質の商品へのこだわりを情報モニターにてお伝えします。流れる映像を通して、わかさ生活の企業姿勢や商品の品質の良さを実感していただけたら嬉しいです。

展示空間1127.jpg

【北欧体験ゾーン】
『ブルーベリーアイ』は北欧産野生種ビルベリーを配合しています。北欧の中でも特に自然豊かな「森と湖」の国と言われるフィンランドで育つビルベリーにこだわっています。毎年、社長の角谷をはじめスタッフが『ブルーベリーアイ』の原材料となるビルベリーの品質を自分の目で確かめるために北欧に出向きます。また、フィンランドからサンタクロースを招いたり、フィンランドの教育を紹介したり、創業当時から北欧と深く縁を築いてまいりました。北欧体験ゾーンは、映像を駆使してわかさ生活とゆかりの深い北欧の大自然の風景やビルベリーなどの様子を視覚と音で感じられる空間にしています。

北欧体験ゾーン.jpg

今後もわかさ生活は、「健康を考えサポートする企業」として創業からの変わらぬ想いで、多くのお客様に愛されるよう努めてまいります。

【関連サイト】
わかさ生活へのアクセス

わかさ生活コーポレートサイト

PAGE TOP